2006年06月07日

伝統的な和楽器「尺八」から新しい風の音色

「かざうた」藤原道山 

先日、藤原道山さんの尺八の演奏をライブで聴きました。
尺八のミニ講義があったり、曲のお話をされたり、そして素晴らしい尺八の音色を聴かせていただき、とても良い時間を過ごすことが出来ました。

尺八といえば、お正月によく耳にする琴と合奏になる「春の海」のような古曲ですが、藤原さんの奏でる音色は軽快なポップなリズムや古曲の響きまで表現が出来る、幅広い音楽活動をされています。

また、新しいアルバムには「もらい泣き」「島唄」「花」の演奏が収録されています。

藤原道山オフィシャルホームページ


posted by 春風 at 00:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音 楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。